野良猫ロック 第3作 セックスハンターは基地の町だった頃の立川が舞台

当店一押しの映画に日活終焉期(1970年)の野良猫ロックシリーズがあります

第一作は和田アキ子を主演に新宿が舞台でしたが、第3弾は基地の町だった頃の立川

主演は、この野良猫ロックシリーズで一躍ブレイクした梶芽衣子さんと藤竜也氏

準主役のゲストが故安岡力也氏

生き別れた妹を探す、流れ物のハーフ役どころ

(実際安岡力也氏はイタリアンのハーフ)

晩年のイカツイ力也氏しか知らない人がみたら驚くイケメンっぷり

当時はシャープホークスってバンドのボーカルでもありましたので劇中でも

 

 

話としては基地の町、立川でオッサン相手に美人局や恐喝を繰り返すズべ公軍団(梶芽衣子)とその仲間のチンピラグループ、イーグルス(藤竜也と岡崎二朗)

そのズべ公グループの前に生き別れの妹を探しにやってきたカズマ(安岡力也)

ズべ公軍団のリーダーマコ(梶芽衣子)とカズマは意気投合し、彼の妹探しを手伝いだすが、それを快く思わないイーグルスの面々

基地の町故にハーフ(当時は混血児という差別を含んだ言い方)は溢れ、彼らと付き合う女の子も多いのが現状

基地の兵隊達は在外特権があり、やりたい放題で煮え湯を飲まされいら立つ周辺の人間たちも多く、イーグルスのリーダー、バロン(藤竜也)も姉を米兵にレイプされる過去を持つ

そんなやっかみや苛立ちからハーフ狩りを始めるイーグルス達

もちろんカズマもターゲットになり、リンチされてしまうが、それを咎めるマコ

そんなズべ公軍団にも怒りを覚えたイーグルスは彼女たちにも罠をかけるが、危機一髪難を逃れる

そんな折、カズマの探す妹メグミはズべ公軍団のメンバーであることが判明

罠をくぐりぬけたズべ公達の身代わりとばかりに更にカズマをリンチし、そして妹メグミにも毒牙をかけるイーグルス

カズマの怒りは爆発し、ライフル銃を奪い、バロンとの殺し合いに発展し・・・

 

基地周辺には必ず存在する混血児

基地周辺の問題をすべて彼らにぶつける人々

 

B級映画にしては深いテーマのセックスハンター

 

多摩地区が基地の町だった頃を知るのには中々よい作品であります

(自分自身、ハーフの友達も多く、そんな彼らを昔は虐めてた!とドヤ顔で自慢するチンピラ達も多く見てきたので、この作品はそんな思い出を思い起こし、切ない気分にもなるのですが)

 

 

ただ今女性に限りタロット占い1回(2000円分)を500円で
飲み会プラン 3時間350種類以上のカクテル飲み放題で2980円から
詳しくはこちらhttp://www.hotpepper.jp/strJ000919242/map/

夜カフェ&バー(アメリカンダイナー) ライダーズカフェ DiamondHead@西武柳沢、西東京 HP
http://www.5suke.com/diamondhead/

 

当店店主の当たると評判の占い(タロット、姓名判断) 西東京一良く当たると人気のダイアモンドヘッドの占いのご案内
http://www.5suke.com/ft