【DVD紹介】Ones upon a Time in Hollywood

今更説明するまでもないQ・タランティーノ監督の最新作
劇場公開と共に大反響のこの作品

実際に起きたシャロン・テート殺害事件とB・レイノルズ、H・ニーダムをモデルとした60年代末のヒッピームーブメントに揺れ動くハリウッドの模様を描いた作品

B・レイノルズと言うと映画で成功しキャノンボールやトランザム7000のイメージだけでしたが、元々TVガンスモークで人気の俳優
マカロニウエスタンにも主演してたのもこれで知りました
演じたL・デュカプリオが付け髭をつけたあたりからB・レイノルズに見えてきますね
今ハリウッドも中国資本入りまくってるので、再度キャノンボールを作ってもらって(キャノンボールは香港のゴールデンハーベスト社製作)バート役で出てもらいたいですね

もう一つの軸、マンソン団に対しての描写は当時カウンターカルチャーの急先鋒としてシャロンテート殺害事件後もカリスマ扱いの作品が多い中、単なる中2病な子達がイカレたカリスマを得て暴走してる、そんな感じに受け止めれました
タランティーノさん、意外にもマンソン団を嫌悪してるのかな?

この映画のようにマンソン団がボコボコにやられてれば良かったのでしょうけど
実際は悲惨な結末と、結局死刑にならず獄死まで生き延びたマンソン
彼もあまりにも不遇な環境で育ったがゆえにこうなったところはありますが、やはり狂人と言わざるえません

プロデューサーがワインスタイン氏がセクハラで失脚し、D・ハイマンへ
ワインスタイン氏は編集も手掛ける人だったので、雰囲気変わるかな?と思いましたが、やはり変わってましたね
珈琲に例えると、今までが濃いエスプレッソだったのが、上質なドリップコーヒーになった感じ
癖にはなるけど、ヘビーだなー というところから何杯でも味わえるし、後味最高
んな感じ
今まで全てワインスタイン氏だったので、これでダメになるかと思ったところもありましたが、良い意味で脱ワインスタインが出来てました

この映画を更に楽しみたいときはR・レスラー氏著「FBI心理分析官」
あと同じくタランティーノ監督の「デスプルーフ」(これもイカレたスタントマンが主人公、彼がスタントした作品名は、本作でもいっぱい出てきます)
この2作を見ておけば、理解が深まりますよ